レーシックの費用

メガネやコンタクトレンズというのは視力を良くする為の補助的なもので、メガネやコンタクトレンズを外すと近視のままですから目は見えにくいままです。

 

費用

 

裸眼でも大丈夫なように視力を回復させるには、レーシックやイントラレーシックのような手術が必要となります。レーシックは目の表面の角膜に直接レーザーを照射して角膜の曲率を変える手術で、手術後は裸眼で正規の視力に回復しています。

 

視力が回復するといった効果が得られるのに近眼の人全てがこの手術をしないのには、やはり費用の問題があると思います。
レーシックよりイントラレーシックの方がより精巧なフラップを作成でき、成功率も高いという事から人気があるのですが、やはりイントラレーシックの方が費用は高くなります。

 

それぞれにどの位の費用がかかるのかというと、手術を受けるクリニックによっても多少前後するのですが大体20万円50万円だと言われており、イントラレーシックの費用は60万円〜80万円位だと言われています。

 

同じ手術方法でもクリニックによってはキャンペーンなどで安く手術を行っている場合もありますので、色んなクリニックの費用を比較してみると良いでしょう。

 

イントラーシックは健康保険が適用されませんので実費診療となりますが、個人で加入している医療保険や生命保険ではレーシックが給付対象となる場合もありますので、まずは自身がかけている保険会社に確かめてみると良いでしょう。

 

また医療費が1年で10万円を超える場合は医療費控除が受けられるので、レーシックを受けて支払いをした分の領収書はきちんと保管しておきましょう。