近視矯正とメガネとコンタクト

近眼や近視の人が視力を回復するのに使用するものにメガネやコンタクトレンズがあります。

 

メガネ

 

運動をする場合や、女性だと化粧をする際などにはメガネよりコンタクトレンズの方が具合が良いとして、コンタクトレンズを使用するという人が増えています。

 

視力回復にはとても便利なコンタクトレンズなのですが、危険性があるという事を忘れてはいけません。
便利なコンタクトレンズですが、使用方法を誤ると失明する恐れもあるほど危険ですのできちんとした方法で使用するようにしましょう。

 

コンタクトレンズを装着したまま就寝したりして目に十分な酸素がいかなかった場合、目が不足した酸素を取り入れようとして血管が伸び角膜血管新生という目の病気になります。

 

他にも、コンタクトレンズに付いた汚れが原因で角膜が炎症を起こす角膜浸潤やアレルギー性結膜炎、巨大乳頭結膜炎などの病気になる場合があります。コンタクトレンズが目に合わない場合や汚れが原因となる事が多く、そのまま放置しておくと酷い場合だと失明する恐れもありますので注意しましょう。

 

便利なコンタクトレンズですが、使用方法をきちんと守らなければ危険ですので気をつけて使用するようにしましょう。
最近ではカラーコンタクトレンズも販売されており、お洒落で視力も回復されるとして使用する人も多いのですがたくさんのトラブルが報告されていますので、使用する時には注意が必要です。

 

コンタクトレンズを購入する目には眼科で検診を受ける必要があるのですが、最近ではインターネットで簡単に購入する事ができますので、眼科で検診をする人が少なくなっており目の病気に気付かずにコンタクトレンズを使用してしまっている人も増えていますので、定期的に眼科で検診される事をお勧めします。