レーシックとイントラレーシック

 

レーシックとイントラレーシックの違いについて調べてみましょう。

 

違いを考えるネコ

 

レーシックというのは目の表面の角膜にレーザーを照射して、角膜の曲率を変える事で近眼を回復する手術の事で、またイントラレーシックというのは一般的なレーシック手術と方法は同じなのですが、違うところと言えばフラップの作成方法です。

 

フラップというのは角膜に作るフタの事で、レーシックではマイクロケラトームという電動のカンナのようなものでフラップを作成するのですが、イントラレーシックではアメリカINTRALASE社製イントラレースFSレーザーを用いてコンピュータ制御でフラップは精密に作製されます。

 

通常のレーシックだとフラップの繋ぎ目がまれにシワになる事があるのに対し、イントラレーシックはコンピュータ制御ですのでとても綺麗にフラップが仕上がります。

 

レーシックとイントラレーシックの仕上がり具合を比べるとイントラレーシックの方が精度がよく、イントラレーシックの方がより強度な近視が強制でき術後の効果が期待できます。

 

最近ではイントラレーシンクの方が主流となっており、精度の高い薄い角膜の作成、乱視やゆがみにも対応、合併症の発生率が低いという事でイントラレーシックを選択する人が増えています。

 

しかし、値段的にはイントラレーシックの方が高額になりますので、どちらの方法を選ぶかよく検討しましょう。