近視とレーシック

 

近眼のせいで就けない仕事や、スポーツをしている人であれば近眼だからといって眼鏡をかけて試合に挑むのは中々困難で、近眼のせいで煩わしい思いをする人は多いようです。

 

手術室

 

近眼を改善、予防する方法というのは色々ありますが、その中の1つに安全で再発が少なく簡単にできるという事で最近注目されているレーシックというものがあります。

 

レーシックは目の表面の角膜にレーザーを照射して角膜の曲率を変える事で視力を矯正する手術です。レーシック手術をする事で裸眼により視力回復が望め、手術をして1日後には視力が正規の状態になっています。

 

レーシック手術のメリットというのは、手術後は裸眼で日常生活を送る事がきでき、安心安全な手術で手術をしても入院する事なく日帰りで帰る事ができるというのも人気の秘密です。

 

手術の痛みはほとんどなく、自身のかけている生命保険の適用があれば費用も安く済みます。また反対にレーシック手術のデメリットというのは、手術前の事前適応検査の結果では手術を受けられない場合があります。

 

レーシック手術は保険適用外の手術となりますので、生命保険などの適用が受けられない人には高額な費用がかかる事になります。安心安全な手術といっても、失明する可能性は0ではありませんので多少のリスクがある事が忘れてはいけません。

 

このように近眼を改善する為にとても有効な手術なのですが、メリットもあればデメリットもあるという事を頭に置いて手術に挑むようにしましょう。