近視の症状とその治療法いろいろ

 

疲れ目に困る男性

近眼などで視力が低下すると色んなところで様々な問題が出てきます。

 

近眼が原因で日常生活や仕事で支障をきたし思うように物事が進まないようになる事もあります。

 

近眼というのは遺伝や日常生活が原因でなると言われており、日常生活で目に負担をかけるような生活をしていると近眼になる可能性も大きくなります。

 

近視を治す方法は?

近視の人は近くははっきり見えるものの遠くはぼやけてしまうというのが見え方の特徴で、それを改善するために眼鏡やコンタクトレンズを使用する事となります。

 

近眼を回復させるために視力回復トレーニングを行う人もいますが、視力回復トレーニングは一時的な改善策でずっと続けていかなければまた近眼の症状が現れる事になります。

 

疑問に思う女性

 

目に負担をかけないような生活に改善し、同時に視力回復トレーニングを継続的に行う事で近眼が改善されますが、これを継続的にできないという人はレーザー治療を行うといった方法もあります。

 

角膜に医療用レーザーを照射して近眼を根本的に治療しますので、治療後は裸眼で生活する事が可能になり治療時間も短時間で済むという事で最近とても注目されています。

 

芸能人の人もこの治療法で近眼を治した人が多く、最近では近眼だけでなく遠視や乱視にも効果がある事からたくさんの人がレーザー治療を行っています。

 

近眼にならないように普段から規則正しい生活をして目に負担をかけるような事がないようにしていれば問題ないのですが、現代社会ではそうもいきませんのでもし、近眼に悩んでいるのであれば色んな方法で改善できるという事を覚えておいて下さい。

近視の原因は?

遺伝的な要因というのが大きいようなのですが、その他にも近いものばかり見るといった事が原因となっています。

 

パソコン

 

パソコンやゲームをし過ぎたり、テレビを近くで見る、本を近くで見るなど、近くのものばかりを見ていると目のピントを合わせる水晶体やそれを支える毛様体筋の状態が悪くなり目が見えにくくなってしまいます。(cf.屈折異常とは)

 

近眼や近視になるのには遺伝的な要因の他に生活環境も大きな原因となっています。近眼や近視を予防、改善するには目を酷使するような事は止め、規則正しい生活をして目に負担をかけず目に良いような事をするようにしましょう。

 

眼精疲労は近眼や近視を引き起こす要因になりましので、寝る直前までテレビや本、携帯電話、パソコンを見たりして目を疲れさせないようにして、目を酷使した日はゆっくりと目を休ませてあげるようにしましょう。

 

目に悪い事はほどほどにして、1日の疲れはその日の内に取るように心がけ、目に良い食べ物を食べたり、十分な睡眠、ストレスを溜めないようにするなど、近眼や近視になってしまうような状況を作らないようにしていくと近眼や近視の予防や改善に繋がります。

 

最近では子どもでも近眼や近視の子がいますが、子どもの目が悪くならないように親御さんがしっかりとケアしてあげるようにしましょう。